アレキサンドライト・キャッツアイ買取相場

[写真]アレキサンドライト・キャッツアイ

買取相場表

※買取相場表の価格はルース(裸石)の状態での、カラーストーン(色石)買取相場となります。
ジュエリー、宝飾品として枠にセットされている場合、製品として枠の評価や、脇石の評価、デザイン及び作りについての評価などを総合的に査定いたします。

※本サイトの買取相場表及び査定評価の基準等の無断転載・転用はご遠慮ください。引用する場合には、著作物の出所(福岡宝石市場 公式買取サイトより引用)を明示してください。

アレキサンドライト・キャッツアイ(無処理)買取相場表

買取相場表を横に
スワイプするとスクロールします。

  Sクラス Aクラス Bクラス Cクラス Dクラス
1.0ct          
3.0ct          
5.0ct          
7.0ct          
10.0ct          

最終更新日 2018年09月25日

査定評価の基準

1. アレキサンドライト・キャッツアイの品質評価

アレキサンドライト・キャッツアイは「カラー」「クラリティ・透明度」「テリ・輝き」に加え特徴的な「カラーチェンジ効果」と「シャトヤンシー(キャッツアイ効果)」を総合的に評価します。
その中でも重要なのは「カラー」と「カラーチェンジ効果」「キャッツアイ効果」で、上質のアレキサンドライト・キャッツアイは、太陽光の下で緑色から青色、白熱光の下で赤色から紫がかった赤色を示し、なおかつ一条の線(目)が縦に鮮明に見えます。
彩度は、強い方が高い評価となりますので、 淡色の場合には、上質の宝石に見られるような濃い色にはなりません。
明度は暗すぎず、明るすぎず中間くらいの石が高い評価となります。

次に「クラリティ・透明度」は、よりインクルージョンが少なく、透明度の高い石が高い評価となります。
アレキサンドライト・キャッツアイはその特徴的な「キャッツアイ効果」を生み出すために針状もしくはチューブ状のインクルージョンが必要です。
そのため、インクルージョンを多く含む石のほうがより鮮明にキャッツアイ効果が表れる一方で、あまりにも内包物が多すぎると透明感が損なわれてしまいます。
つまりキャッツアイが鮮明に出て、その線(目)美しさを損なわない程度に透明度が高いというバランスがとれた石が評価の高い石となります。
また、キャッツアイの出る位置も重要で、より中心に出るほうが好ましいとされています。
その他には、線が弱すぎたりや、途中で途切れてしまっている場合などはマイナスの評価となります。

2. アレキサンドライト・キャッツアイの処理について

クリソベリル・キャッツアイは無処理の宝石です。

3. アレキサンドライト・キャッツアイの産地について

アレキサンドライト・キャッツアイの産地は、ロシア、ブラジル、スリランカ等となっています。
産地ごとに変色の色合いや、インクルージョンの特徴が異なります。
ブラジル産のアレキサンドライトには、ロシア産並の上質カラーのものがあり、透明度もロシア産と比較して高い傾向にあります。ただしブラジル産のものは減少傾向です。
各産地における価値の違いとしては、ブラジル産が最も高く、次いでロシア産、スリランカ産となります。

アレキサンドライト・キャッツアイについてもっと詳しく知りたい方へ

カラーストーン買取相場 一覧に戻る

PAGE TOP