アクアマリン買取相場

[写真]アクアマリン

買取相場表

※買取相場表の価格はルース(裸石)の状態での、カラーストーン(色石)買取相場となります。
ジュエリー、宝飾品として枠にセットされている場合、製品として枠の評価や、脇石の評価、デザイン及び作りについての評価などを総合的に査定いたします。

※本サイトの買取相場表及び査定評価の基準等の無断転載・転用はご遠慮ください。引用する場合には、著作物の出所(福岡宝石市場 公式買取サイトより引用)を明示してください。

アクアマリン(加熱)買取相場表

買取相場表を横に
スワイプするとスクロールします。

  Sクラス Aクラス Bクラス Cクラス Dクラス
1.0ct          
3.0ct          
5.0ct          
10.0ct          
20.0ct          
30.0ct          

最終更新日 2018年09月25日

査定評価の基準

1. アクアマリンの品質評価

アクアマリンは「カラー」「クラリティ・透明度」「テリ・輝き」を総合的に評価します。
アクアマリンのカラー範囲は、青から、緑がかった青、強い緑を帯びた青、あるいは緑青色まであります。
その中で最も評価の高いのは力強い濃い青からわずかに緑がかった青色です。
また強い鮮やかな彩度をもったアクアマリンは、より好まれています。
明度は暗すぎず明るすぎず中間程度の明度が最も好ましいとされています。
これらの要素を兼ね備えた最高級の品質のカラーを持つアクアマリンはとても稀少で高い価値を持つ石として取引されています。

次に「クラリティ・透明度」は、よりインクルージョンが少なく、透明度の高い石が高い評価となります。
ファセット加工されたアクアマリンのほとんどは、肉眼では内包物が見えずクリーンな石が多いため、肉眼で見えるインクルージョンを持つ石は、通常はカボション、ビーズ、あるいは彫刻に加工されることが多くなっています。

3つ目の「テリ・輝き」については、カットとの関連性が高い要素となります。
アクアマリンは、どの様な形にも加工できますが、多くの場合、エメラルドカット、あるいはラウンドやオーバル(楕円形)のブリリアントカットとして仕上げられることが多いです。
また、カット形状や石の品質ごとに最適な縦・横・深さの比率があり、その石の個性を見極め、最適な比率でカットされた石がより美しく高い評価となります。

2. アクアマリンの処理について

市場に出るアクアマリンのほとんどは、純粋な青味を出すために加熱処理が施されています。
稀により緑がかった自然な青色のアクアマリンを見ることがありますが、現在は鑑別機関においてアクアマリンの加熱の有無を鑑別することはできないため、全てのアクアマリンは通常加熱処理がされているものとして流通しています。
したがいまして、アクアマリンの加熱処理については、査定評価においても問題がない処理として評価されます。

3. アクアマリンの産地について

アクアマリンの産地は、ブラジル、マダガスカル、モザンビーク等となっています。
各産地における価値の違いとしては、ブラジル産がマダガスカル産とモザンビーク産よりも高くなっています。

アクアマリンについてもっと詳しく知りたい方へ

カラーストーン買取相場 一覧に戻る

PAGE TOP