赤さんご・珊瑚買取相場

[写真]赤さんご・珊瑚

買取相場表

※買取相場表の価格はルース(裸石)の状態での、カラーストーン(色石)買取相場となります。
ジュエリー、宝飾品として枠にセットされている場合、製品として枠の評価や、脇石の評価、デザイン及び作りについての評価などを総合的に査定いたします。

※本サイトの買取相場表及び査定評価の基準等の無断転載・転用はご遠慮ください。引用する場合には、著作物の出所(福岡宝石市場 公式買取サイトより引用)を明示してください。

赤さんご・珊瑚(無処理)買取相場表

買取相場表を横に
スワイプするとスクロールします。

  Sクラス Aクラス Bクラス Cクラス Dクラス
7-8mm          
10mm          
12mm          
15mm          
18mm          
20mm          

最終更新日 2018年09月25日

査定評価の基準

1. 赤さんご・珊瑚の品質評価

赤さんご・珊瑚は「カラー」「クラリティ・透明度」「テリ・輝き」を総合的に評価します。
まず重要なのは「カラー」です。
赤さんご・珊瑚の色範囲は、桃色〜朱赤〜赤となります。
色合いはより純粋な赤色に近いほうが評価が高くなります。
色の濃度については基本的にはより濃い方が評価が高くなります。最上の評価となる深みのある赤色のものは「血赤」と呼ばれています。

次に「クラリティ・透明度」は、不透明なものですので透明度は評価されませんが、表面の穴やワレ、白っぽい斑点模様の有無は評価の対象となります。

最後に「テリ・輝き」は、よりテリが強く輝きが強い方が評価が高くなります。

2. 赤さんご・珊瑚の処理について

赤さんご・珊瑚は一般的に処理が施されていない宝石です。
ただし、表面の穴などに同一素材などを充填する処理はよく見られます。
充填処理については、無処理のものに比べ評価は下がります。

3. 赤さんご・珊瑚の産地について

赤さんご・珊瑚の産地は日本、台湾、イタリア等となっています。
産地ごとの評価は、日本、台湾産が最も高く、次いでイタリア産となっています。

赤さんご・珊瑚についてもっと詳しく知りたい方へ

カラーストーン買取相場 一覧に戻る

PAGE TOP