アウィナイト・アウィン買取相場

[写真]アウィナイト・アウィン

買取相場表

※買取相場表の価格はルース(裸石)の状態での、カラーストーン(色石)買取相場となります。
ジュエリー、宝飾品として枠にセットされている場合、製品として枠の評価や、脇石の評価、デザイン及び作りについての評価などを総合的に査定いたします。

※本サイトの買取相場表及び査定評価の基準等の無断転載・転用はご遠慮ください。引用する場合には、著作物の出所(福岡宝石市場 公式買取サイトより引用)を明示してください。

アウィナイト・アウィン(含浸)買取相場表

買取相場表を横に
スワイプするとスクロールします。

  Sクラス Aクラス Bクラス Cクラス Dクラス
0.2ct          
0.5ct          
0.8ct          
1.0ct          
2.0ct          

最終更新日 2020年02月08日

査定評価の基準

1. アウィナイト・アウィンの品質評価

アウィナイト・アウィンは「カラー」「クラリティ・透明度」「テリ・輝き」を総合的に評価します。
まず重要なのは「カラー」です。
アウィナイト・アウィンの色範囲は、ライトブルー〜ブルーとなります。
色の濃度については基本的にはより濃い方が評価が高くなります。同様に彩度もより高いほうが好ましいです。
明度については、明るすぎず暗すぎず中間くらいの石が最も良い評価となります。

次に「クラリティ・透明度」は、よりインクルージョンが少なく透明度の高い石が良い評価となります。
アウィナイト・アウィンは比較的インクルージョンの多い宝石ですので、ある程度のインクルージョンがあるものとして、大切なのは石の美観を損なわない程度のものが否かを見ることです。

最後に「テリ・輝き」は、より輝きが強い石の評価が高くなります。
しかしアウィナイト・アウィンの屈折率は1.5程度で、硬度も5.5〜6.0と高くないため、それほど強い輝きを持つ石ではありません。

2. アウィナイト・アウィンの処理について

アウィナイト・アウィンは一般的に透明度の改善を目的とした含浸処理が施されている宝石です。
稀に含浸処理が施されていない無処理のアウィナイト・アウィンが存在しますが、その場合には含浸された石に比べ高い評価となります。

3. アウィナイト・アウィンの産地について

アウィナイト・アウィンの産地はドイツ、イタリア、ロシア等となっています。
産地ごとの評価の違いはなく、純粋に石の品質で評価されます。

アウィナイト・アウィンについてもっと詳しく知りたい方へ

カラーストーン買取相場 一覧に戻る

PAGE TOP