ファイヤーオパール/ウォーター・オパール買取相場

[写真]ファイヤーオパール/ウォーター・オパール

買取相場表

※買取相場表の価格はルース(裸石)の状態での、カラーストーン(色石)買取相場となります。
ジュエリー、宝飾品として枠にセットされている場合、製品として枠の評価や、脇石の評価、デザイン及び作りについての評価などを総合的に査定いたします。

※本サイトの買取相場表及び査定評価の基準等の無断転載・転用はご遠慮ください。引用する場合には、著作物の出所(福岡宝石市場 公式買取サイトより引用)を明示してください。

メキシコ産 ファイヤーオパール/ウォーター・オパール(無処理)買取相場表

買取相場表を横に
スワイプするとスクロールします。

  Sクラス Aクラス Bクラス Cクラス Dクラス
1.0ct          
3.0ct          
5.0ct          
10.0ct          
20.0ct          

最終更新日 2018年09月25日

査定評価の基準

1. ファイヤーオパール/ウォーター・オパールの品質評価

ファイヤーオパール/ウォーター・オパールは「カラー」「クラリティ・透明度」「テリ・輝き」に加え「遊色効果」を総合的に評価します。
遊色効果の高いメキシコ産オパールのうち、地色が青系をウォーターオパール、オレンジ系をファイヤーオパールと呼びます。
それぞれ最初に重要となるのが「遊色効果」です。
「遊色効果」については、現れる色の数がより多い、鮮やか、煌きの強さが良いほうが高い評価となります。

次に重要なのは「テリ・輝き」です。
いくら良い「遊色効果」が出ても、輝きが弱く模様な色ばぼやけて見えるようでは評価が大きく下がります。
その特徴である「遊色効果」が力強く現れるような輝きをもった石の評価が高くなります。

「クラリティ・透明度」については、より透明でクリーンな石のほうが高い評価となります。
また、査定評価に大きく影響する点として、内部にカンと呼ばれるワレ、クラックが入っている場合には評価が極端に下がります。

2. ファイヤーオパール/ウォーター・オパールの処理について

ファイヤーオパール/ウォーター・オパールは一般的に処理が施されていない無処理の宝石です。

3. ファイヤーオパール/ウォーター・オパールの産地について

ファイヤーオパール/ウォーター・オパールの産地はメキシコとなっています。

ファイヤーオパール/ウォーター・オパールについてもっと詳しく知りたい方へ

カラーストーン買取相場 一覧に戻る

PAGE TOP