無料宅配査定キットはこちら

宝石の処理について

HOME > 宝石の常識 > 宝石の処理について

ダイヤモンドや色石など宝石の処理は大きく分けて、「エンハンスメント」「トリートメント」に区別されます。

一般的に、エンハンスメントは、その宝石自身が持っている潜在的な美しさを人の手を加えて引き出す「改良」と呼ばれる手段になります。

日本では、エンハンスメントされている宝石は「天然」を冠することができます。

一方で、トリートメントは、自然な状態では起こることがありえず、宝石自体が持っている性質や潜在因子などに全く関係なく、化学的に処理し、変化させる「改変」という作業になります。

トリートメントされた宝石は長くその色を保つことが出来ない場合があります。そして、トリートメントされた宝石は、日本では「処理石」となります。

例えるならば、エンハンスメントは「化粧」で、トリートメントは「美容整形」と考えると分かりやすいと思います。

また、エンハンスメントとトリートメントについては、国によって扱いが違うようで、処理してあればすべてがトリートメントであるという国もあると聞きます。国際的なきちんとした統一規格が定められていないからです。

加熱処理

ルビーやサファイヤをはじめ多くの色石に施されている処理方法です。
色の悪い原石に色の改善目的に熱処理を施します。
色の良くないルビー(サファイヤ)をるつぼに入れトーチバーナーで1000度以上で焼きます。
現在、流通しているコランダム(ルビー、サファイア等)の内、95%以上が加熱処理を施されており、日本でも一般的な処理方法として受け入れられている処理です。

含浸処理(オイル・天然樹脂)

含浸処理はエメラルド等に一般的に施される人工処理方法です。
"傷のないエメラルドはない"といわれることがあるように、エメラルドはどこの産地のものでも一般に内包物(インクルージョン)を有しています。
また、採鉱時には、結晶にすでにフラクチャーが生じたものも多く、さらにはカット・研磨、ジュエリー加工などの段階での不用意な取り扱いでこれらのフラクチャーが拡大する可能性があります。このようなエメラルドの表面に達する特徴を目立たなくするために、透明材の含浸が昔から慣習的に行われてきました。
氷を透明な水の中に漬けるとその輪郭が見え難くなるように、エメラルドのフラクチャーに屈折率の近い物質が含浸されるとフラクチャーが目立たなくなります。
エメラルドの屈折率はおよそ1.57~1.59なので、この屈折率に近似するオイルや樹脂が含浸されています。
含浸物質には種々のものが知られていますが、現在最も広く利用されているもののひとつはシダーウッドオイルです。
このオイルは数種類の針葉樹、特にビャクシンから採取されています。また、 1980年代後半から急速に普及したのがエポキシ樹脂です。
オイルに比べると樹脂は屈折率がエメラルドにより近いため、見かけのクラリティ(透明度)向上に効果があります。
業界で知名度の高いオプティコンは商標名でエポキシ樹脂の一種です。

ベリリウム拡散加熱処理

2005年末頃から、"ベリリウム拡散加熱処理が施された"ブルーサファイア、パパラチアサファイアがタイのマーケットに入ってきました。
処理の手法は、従来の加熱処理とほとんど変わりませんが、加熱処理の最終段階である1800度での加熱時、クリソベリル粉末を加えることによって表面の発色を元の色から別の色に変化させることができます。
そのうち、桃色~橙色に変化したサファイアをパパラチアとして流通させたことが、日本でも大きな問題となりました。
宝石のもつ本来の美しさを引き出すための一般加熱処理と違い、その過程で、人為的な操作が行われることから、日本では極端に評価が低くなる傾向があります。

ガラス充填処理

ルビーやサファイアにある穴やキズを隠蔽するために、ガラス等を充填する処理。
高価な宝石であるルビーやサファイアをカットする際に、原石の無駄を最小限に抑えるために、例え原石に穴があった場合でも、その穴を避けずにカットすることがあります。
残された穴は、そのままでは見栄えが悪いので、ガラスなどを充填し隠蔽することがあります。
この処理の施された宝石は、日本では敬遠されるため、価値が極端に低くなります。

放射線処理

色の悪いダイヤモンドに放射線を照射し色を変えます。
処理されたダイヤモンドをトリーティド・カラーダイヤモンド(トリートカラー)と呼びます。
カラーレスやブラウンダイヤモンドにラジウム塩あるいはラドン、コバルト60を照射します。照射には電子線加速器を使います。
中でもファンデグラーフ加速器による着色は淡いアクワマリン・ブルーから帯緑青色までの色調が得られます。
現在、原子炉処理へと処理技術が移行しています。
ピンクやブルー・グリーンと言った多くの色調も作り出されています。

カラーコーティング処理

最近のピンクダイヤモンドに見られる人工処理です。
ルースの状態ですと比較的簡単に拡大検査により判別可能です。
このコーティングは強酸に対し確実な耐久性がないとされています。
ルーペで丁寧に見れば判別可能です。

レーザードリル処理

白い紙に黒いマジックで線を引けば目立つけれど、白いチョークを用いれば目立たちません。
そんなコンセプトで考案されたダイアモンドの処理法が、レーザードリル処理です。
ダイヤモンドの中に、黒い物質(インクルージョン)があったと仮定した場合、レーザー光線でその物質まで微小な孔を穿ち、そこを伝って強力な酸を遣い、黒い物質を白く漂白してしまうのが処理を指します。
この処理によって出来た特徴を[レーザードリルホール]と呼びます。

ジュエリーのことなら福岡宝石市場へお気軽にご相談ください。 お電話のお問合わせはこちら [フリーダイヤル]0120-96-7794 [受付時間]10:00~18:00 [定休日]日・祝日
メールでのお問合わせはこちら
無料買取査定はこちら

HOME > 宝石の常識 > 宝石の処理について

PAGE TOP